書道を志す|nlpを学ぼう|潜在能力を引き出す方法が此処に在る

nlpを学ぼう|潜在能力を引き出す方法が此処に在る

男性

書道を志す

硯と筆

筆を使って文字を書き、書を売って生計を立てるのが書道家です。しかしながら、書道家とはどのようなものなのかあまり知らないという方も多です。では、書道家の主な活動とはどのようなものなのでしょうか。書道家はまず、展覧会に参加したり、個展を開いたりすることで自分の書を知ってもらい、その書を販売することで生計を立てます。また、商業書道家という仕事もあります。お店のロゴや店名など要望を聞き入れながら、筆を使って表現していきます。ただ綺麗に書くだけでなく、高い芸術性が求められる仕事でもあります。さらに、多くの書道家は書の先生としても活躍しています。一般的にはそれぞれが所属している流派の免許を取得してから教えることが多いです。

書道家に必要な資質は何なのでしょうか。また、書道家になるにはどうすればよいのでしょうか。書道というと、味のある字が書ければそれでよいと思う方もいるかもしれませんが、最も基本となるのは文字を美しく書く能力です。もちろん、経験を積まなければ、綺麗な字は書けませんが、そのような基本的なことが難なくこなせるというのも必要な能力の一つでしょう。また、書道には集中力も必要となりますが、何より芸術の一つであることから、表現力が求められます。学校の書道の先生になるには中学であれば国語、高校であれば芸術の免許が必要になってきます。一方で、プロの書道家になるには自分が選んだ先生に師事し、経験を積まなければいけません。また、そのような高い技術指導を受けるためには流派に所属する必要があります。